関西の住宅物件(マンション/一戸建て/土地)を地域毎に探す♪ぴかぴか(新しい)
大阪府の住宅情報ナビ / 京都府の住宅情報ナビ / 奈良県の住宅情報ナビ / 兵庫県の住宅情報ナビ / 滋賀県の住宅情報ナビ

中古物件マンション、一戸建て周辺環境(公園、役場など)について

中古物件マンションや一戸建てをインターネットで探すなら住宅情報ナビのサイトがおすすめですね。首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬ほか)や関西圏(大阪、滋賀、奈良、京都、兵庫ほか)だけでなく全国各地(北海道、東北、中部、四国、九州)の中古物件が満載です。中古物件マンションだけでなく一戸建てや土地物件、新築マンション/一戸建て物件・不動産も地域・駅から検索できてとても便利です。無料で資料請求できるのもいいですね。

中古物件に限らずマンションなどのモデルルームは室内を広く見せるために、間仕切り壁を外したり鏡を多用するケースも見られます。こうした演出に惑わされないことも重要です。基本となるプランと異なる中古物件の間取りになっている場合もあるので事前にしっかりどこが違うのかをチェックしましょう。そのモデルルームだけ扉が引き戸になっていることもあるのでもし引き戸を希望する場合は追加費用がどのくらいかかるかも聞いておきます。

中古物件マンションや一戸建て探しをする上で、希望する中古物件の街を地図を見ながら歩くときのポイントとして、街中に設置された案内図をチェックするのも賢い中古物件選びをするために重要な点です。中古物件マンション、一戸建て周辺の避難場所や自治体の施設、小さな公園などを探す場合にはこうした案内図のほうが役に立ちます。すでに住んだことがあるなど知っている街ならあまり問題ありませんが知らない街を歩くのであれば地図は必需品です。

中古物件マンションの場合は経年の資産価値の下落度合いが小さくなってきている(場所によっては上昇している)ことは事実ですし、きちっとしたものさしを持つことによって不安も小さくできるのではと思います。簡易収支表でリセールリスクを判断し月々の中古物件の返済が無理なく出来ることは大前提として押さえておきたいものです。物件を投資・投機目的なのか住居目的(その両方か)によってもおすすめの中古物件マンションは異なります。

関連リンク

新築中古住宅物件情報・住宅ローン賢い借り方ぴかぴか(新しい)

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得

中古物件マンション購入のチェックポイント

中古物件マンションのメンテナンス、リフォームについて

首都圏や関西圏の中古物件は相変わらず人気ですが、最近では札幌、函館、旭川、釧路、室蘭などの北海道からいまブームの宮崎、福岡、熊本などの九州のいわゆる地方の中古物件も人気になっています。新潟、長野、岡山、名古屋、山梨、広島、宇都宮、岡山(倉敷ほか)、姫路、石川、などの中古物件も人気です。また伊豆や軽井沢、長野、八ヶ岳、鎌倉、湘南などのリゾート別荘地の中古物件も購入する人が増えています。

中古物件マンションや一戸建ての天井と床はコンクリート(スラブ)との間に空間がある二重構造になっていると、配管のメンテナンスがしやすくなり、将来のリフォームや改築で水まわりを動かしやすくなります。中古物件を購入する前に天井と床の構造はしっかり事前検討しておくことをおすすめします。また天井の内装材や床材をコンクリートに中古物件に直接貼り付けるケースもありますが、メンテナンスやリフォームに制約が出る場合もあるので注意が必要です。

中古物件マンションや一戸建ての周辺環境では実際の敷地の周囲と物件から5分圏内になにがあるかをチェックしておきましょう。駅から5分圏内に中古物件があるならまず問題ありませんが、そうでない場合にはどんな店があるか、スーパーやコンビニはあるのか、商店街の有無など自分の目で確かめましょう。やはり住む中古物件マンション・一戸建て不動産物件周辺にスーパーあるいは商店街、コンビニは欲しいところですね。

中古物件一戸建てを購入する際、同じエリアの中古物件一戸建てよりも新築のほうが安い場合があります。手抜き住宅ではなく、例えば土地の仕入れが安かったからなどの理由で、価格の低いお値打ち中古物件一戸建ても存在します。また中古物件なのにこんなに高いんだろうと言う物件も存在します。どちらにしてもさまざまな情報収集(価格だけでなく構造や周辺環境など)検討して後悔しない中古物件購入をしましょう。

関連リンク

不動産マンション購入術ぴかぴか(新しい)

中古物件マンション購入のチェックポイント

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得

中古物件マンション購入と折り込みチラシの見方について

中古物件はここ最近新築物件マンション・一戸建てより先に購入検討する人が増えていますね。やはり価格的な割安感もありますが、設備・外観にしても新築物件に勝るとも劣らない中古物件もけっこうあります。ちなみにネットで中古物件マンション探しならリクルートの運営する住宅情報ナビがおすすめです。東京、神奈川などの首都圏から大阪、奈良などの関西圏の中古物件。札幌、旭川など北海道の中古物件、仙台などの東北の中古物件情報。福岡、熊本などの九州中古物件マンション・不動産情報も充実しています。

中古物件選びにはマンションや一戸建ての周辺環境も重要です。まず生活利便性を左右する学校や病院、商店街やスーパーの場所の中古物件との距離を確認しましょう。特に小学校までの距離は重要ですが、一番近い小学校の学区から中古物件マンションが外れていることもあり得ます。中古物件マンションから歩いて通える小学校なのかを必ず確かめてください。同様に近くの保育園や幼稚園が順番待ちでなかなか入れないケースもあるので、空き状況も中古物件マンション、一戸建てを選ぶ上で要チェックです。

中古物件周辺の道を見るポイントです。中古物件周辺が平坦な道で歩道、車道が分離されているなら子ども連れでも歩きやすいです。また駅からマンション、一戸建て物件までの道路も自分で歩いてみましょう。これで実際の中古物件からの所要時間が分かりますから必須です。道路で歩道にガードレールがない、横断歩道が少なく、歩道橋まで距離があるような場所は事故が起こりやすく危険なのでその近辺の中古物件マンション、一戸建てはできるだけ避けるようにしましょう。

中古物件マンションなどのチラシは文字ほど重要なことが書かれているものです。中古物件専門の耳慣れない言葉もあってちょっと骨が折れるかもしれませんがしっかりと読みこなすようにしましょう。中古物件マンションからの分数は実際と食い違うこともあります。中古物件の最寄り駅からターミナル駅までの時間は、乗り換えに必要な時間は加味されていません。また、中古物件の価格については販売される住戸のうち最低価格と最高価格それに最多価格帯が記載されるのが通常です。最多価格帯が予算と合う中古物件マンションなら住戸の選択肢も自分向きのマンションといえます。

関連リンク

中古物件マンション・一戸建て購入のすすめぴかぴか(新しい)

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得

マンション選び・査定・売却の基礎知識

中古物件駅近マンションと郊外や田舎の中古物件について

東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城などの首都圏の中古物件マンション、一戸建て、土地)探しならリクルートの住宅情報ナビがとくにおすすめです。首都圏だけでなく大阪(大阪市鶴見区 西成区 住吉区、堺市、枚方市ほか、東大阪)、奈良、京都、兵庫(芦屋、西宮ほか)、滋賀、和歌山、三重などの関西圏・近畿方面の中古物件情報も充実しています。北海道や九州(最近人気の宮崎など)の優良物件情報もありますよ。

中古物件や新築分譲マンションなどのモデルルームでは商談スペースで中古物件住宅ローンの借り入れなどについて相談できるようになっています。金利上昇のリスクに対処する方法として住宅ローンの借り換えもあるのでしっかり検討しましょう。ちなみに住宅ローンの借り換えとは別の住宅ローンを新しく借り入れることで現在返済中の住宅ローンを一括返済するということです。その人の年収や貯蓄などに応じた資金計画例も試算してもらえます。住宅ローンをより低金利のものに借り換えれば中古物件購入予算の削減が期待できます。

中古物件マンションや一戸建てを購入する際には、その中古物件そのもののチェックとともに、購入資金の税金面でのチェックも欠かせません。購入する中古物件マンション/一戸建ての評価額と実際の評価額とが大きく異なるようであれば判断に困りますが。いずれにしても、不動産業者が試算した税額の基となる中古物件の課税標準額を確認し、軽減措置の適用有無などにも注意しながら納得できるまで説明を受けるようにすることが大切です

中古物件マンション購入するうえでやはり「駅近マンション」がいいのということがよくいわれます。とくに独身でマンション購入を検討する際にライフスタイルや価値観などが大きく影響してくるかと思われます。自分が会社に勤めているサラリーマンやOLなら駅近マンションがおすすめですが、自宅権オフィスで仕事している場合は駅近よりも、自分のライフスタイルにあった物件を選ぶべきです。自然が好きなら郊外や田舎の中古物件を選択するのもいいでしょう。

関連リンク

中古物件マンション購入のチェックポイントぴかぴか(新しい)

中古物件マンション・一戸建て購入のすすめ

新築中古住宅物件情報・住宅ローン賢い借り方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。